2008年02月27日

志垣さんのブログが面白い

セフと一緒にオランダに行った志垣さんが、オランダでの体験を同じseesaaブログにつづっていて、まだ始まって間もないんですがそうとう面白いです。
特に最初の記事のセフが相当かっこいい。
「オランダ徒然日記 seesaa」でgoogle検索すればすぐ見つかります。


さて、PSM岐阜戦はまずまずの内容でしたね。あれくらいできていればリーグでもガタガタと崩れるようことはないでしょう。

「玉田の決定力」どうもこれが今季の鍵を握りそうです。
 
 
 
   
posted by れふぐら at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

岐阜戦前日

明日は風が強くて寒そうですね
とりあえずけが人がでませんように…
 
 
 
   
posted by れふぐら at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

pixy football

グランパスTVでピクシーが練習中に
・ボールが出たら全員でとる。
・アタックするときはワイドに広げてどんどん上がっていく。
・守備のときは全員でクローズして守る。

そして練習試合の前には
・シンプルにプレーすること
・パスを早く出すこと
・サイドから攻撃すること
ということを選手に伝えていました。

なにかの記事では
・サイドの選手はライン際に張り付くこと
・細かいパスをつないでいくこと
・ロングボールはそれほど使わない
ということも言ってた気がします。

サイドに選手を張り付かせることを徹底してるのは一年目のセフと同じですが、目指す形はやっぱりベンゲルのアーセナルっぽいですね。
そしてゆくゆくはピクシーのオリジナル、これがグランパスカラーだと言えるようなサッカーが完成すればいいですね。
しかしタイトルにしてみたピクシーフットボールって、カタカナだとセクシーフットボールと一文字違いで似てるな……
 
 
 
   
posted by れふぐら at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

福田健二の情熱大陸

クラブ監督のブラックなジョークにも笑って返せないあたりに、今のチームでの苦しい状態が表れてましたね。
ケガが多いようなのがまた辛いですね…

福田のノンフィクションが載ってたNumberを今も持ってますが、これを読んだときの衝撃は忘れられません。

ケガをせずに結果をコンスタントに出していってほしいなと思います。
 
 
 
   
posted by れふぐら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

08指宿キャンプ終了

北九州戦で怪我人が何人かでましたが無事キャンプを終え、土曜日からはトヨスポに戻ってきます。
開幕までもう一か月。自信あるサッカーを築き上げてほしいです。

で日本サッカー協会さん、俺らの楢崎はいつ戻ってくるのかね?
 
 
 
   
posted by れふぐら at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

その、右腕に巻かれたものは…

キャンプ10日目、ニューウェーブ北九州とTMを行い、4-1で勝ったようです。

青山ピクシーの申し子になる

青山のSBですか〜。
「紛らわしい指示は全然ないし、簡単な言葉で言ってもらえるのでありがたかった」。
セフは指示が長かったですからね。真面目な青山はそれを忠実にこなそうとしすぎて、かえってプレーを自分で難しくしていたのかもしれませんね。
ところで竹内は試さないのかな?

さて、この記事で一番取り上げたいのはここです。
MF中村が前半25分に右足で“今季初ゴール”を決めた。 (中略) 右腕にはキャプテンマークを巻いた。「いつも通りやるだけですよ」と話したが、プレーぶりはリーダーそのものという圧巻の内容だった

よし直志、そのままずっと巻いててくれ
 
 
 
  
posted by れふぐら at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

誕生日

さっき気付いたけどバキと誕生日が一緒じゃないか!
12月生まれ自体わりと珍しいから嬉しいぞ!
こりゃ今季のレプユニを誰にするかは決まったようなものだな!
 
 
 
   
posted by れふぐら at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

今年初試合

今年のチーム初得点は新太でしたか。去年のTMでも意外と得点に絡んでましたよね。
青山と片山は別ポジションで2本こなしてますが、これは2人が格別に期待されてるというより、コーチ陣から頼まれて便利屋で出場してただけでしょう。

しかし2月のスケジュールをみたところ、去年や一昨年と違ってJ1クラブとはいっさいTMを組んでないみたいなんですが、これは大丈夫なんでしょうか。
数カ月ぶりのJ1レベルの対戦が、ぶっつけ本番になってしまうというのはやや不安です。
 
 
 
   
posted by れふぐら at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

すごく久々の更新

ピクシー新監督のもと、新しいグランパスがスタートしましたね。ピクシーの監督姿なんて想像しにくかったんですが、いざ始まってみると意外と様になってる気がします。

オフは選手の補強よりもクラブ内の人事補強に注力したようです。よろしいことなんじゃないでしょうか。
特に新GMの久米GMは今までのグランパスにはいなかった日本人のようで、今後いろいろなことがおきそうです。
スタッフ陣に松浦さんや神戸さん、今久保さん、芦川さんが今期もいるのは心強い限り。喜熨斗フィジコやディド、ジュロヴスキーコーチも実績のある人たちなので、同じく信頼しています。
通訳もピクシーと旧知の仲の村上さんと、金沢で選手だったというダニロの2人体制でスムーズなコミュニケーションができると思います。

選手のことですが補強はまずまずといったかんじ。ピクシーが連れてきたバキ、川崎で活躍したマギヌン、京都の西村、大分でキャプテンだった三木、昨季のナビスコで点取られた深井と派手さはないものの、J1で戦う上での戦力として考えるには計算できる選手たちをバランスよく獲得できたと思います。
ってかGKの西村ってまだ23なんですね。どうもGKというのは老け顔になりやすいようです…

さて私が今季、ことさら期待してる選手を選んでみました。それは阿部、直志、津田、織部の4人です。
阿部は背番号一桁になってクラブからも期待されてますし、すごくブレイクするかもしれません。FKも蹴ってもらいたい。
直志は柱になってもらいたいから。ゴール量産を期待。
津田はシーズンも終わるあたりのTM数試合で、キレキレドリブルを復活していたので期待。
織部はひょっとするとひょっとするかもということで期待。

チームとしては4-4-2を基調にするようです。ありきたりなことはセフがきっちり教え込んでるので、ピクシーには基本も押さえつつ、さらなる戦術などなどをみっちり選手にたたき込んでもらいましょう。

昨季はセフ2年目ということでどんなチームになるかのビジョン、他クラブとの戦力差が見えやすかったんですが、今季はどんなことになるか計算しにくいです。
まあたぶん苦しいことのほうが多そうだとは思いますが、昨季の安定した守備とピクシーの考える攻撃サッカーがうまく両立していけば、そこそこ闘えると思います。かなり大雑把な言い方ですが。


ピクシーがやるといったからには私たちもついていくしかないですね。
 
 
 
   
posted by れふぐら at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

最後の…

昨日の練習であれだけドワイトが口酸っぱく最後の部分を集中しろと言っているのに…
ヨンセンが練習通りのボールを落としているのに決められない。
今日、必要だったのは俊哉ではなく片山だった
posted by れふぐら at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

最後の精度の分かれ目

清水戦は柏戦と同じく、いいサッカーを展開していた。全く悪くない。無駄な横パスと運動量は減って、チャンスを多く創出することができていた。個人では本田、ジョンウが特に生き生きとしていた。他の選手も悪い動きでは無かった。
ただ勝負では0-3と完敗した。危険な選手に危険なエリアでマークを外され失点し、セットプレーでさらに2失点。先制、中押、だめ押しと試合の要所で綺麗に失点し続けてしまった。結局、内容で優っていても試合の流れはずっと向こう側だった……

少しだけ前向きに見れば、勝ったり負けたりが続いてるが内容は緩やかに上向いていることだろうか。ただし神戸戦はまっっったく別だが。


う〜ん、トップの選手はリーグ戦形式に慣れ過ぎてるのなあ。最終的にはトーナメント制でやってるユースっ子のほうが、確実にいいメンタルをしてる。ユースキャプテンの西山くんの顔つきこそ、勝負師の顔だろう。

トーナメント制に明日は無く、負けから学ぶことは出来ない。しかしリーグ戦はたとえ0-3,0-5で負けようが必ず次の試合がやってくる。負けから学ぶこともできる。
でも負けから学ぶことは案外簡単だ。勝ち続けることが最も難しい。だからこそリーグ覇者が最も尊ばれる存在になる。
グランパスは敗戦だけでなく、勝利からもっと学ばなければならないのかな……
 
 
 
    
posted by れふぐら at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

セットプレー得点・失点比較

・セットプレーからの得点
(リーグ戦)
H広島 増川
A大阪 増川
H清水 津田
A広島 ヨンセン
A川崎 玉田
27試合 全38得点中5得点

(カップ戦)
6試合 全5得点中0点

・セットプレーからの失点
(リーグ戦)
A横浜FC 難波
H広島 佐藤
H大分 アウグスト
H浦和 ネネ
A大阪 シジクレイ
H甲府 須藤
A広島 オウンゴール
H横浜 松田
A神戸 栗原、オウンゴール
27試合 全40失点中10失点

(カップ戦)
A甲府 秋本
H鹿島 大岩、田代2
6試合 全11失点中4失点

今季は印象としてセットプレーに弱いなと思っていましたが、やはり数字に表してみても、リーグ戦カップ戦合わせて得点5失点14と弱いことが分かります。
また頭でぴったり合わせられるパターンよりも、難波や佐藤、シジクレイにやられたようなセカンドボールを拾われて失点するパターンも多いです。セットプレーの守備なんて、チームのお約束ごとやゾーン守備うんぬんも大事ですけど、それよりも選手個々の集中力、瞬発力、精神力も重要だと思います。いかんせん、これらはまだまだうちには欠乏している要素ということでしょうか。

しかし未だにFKを直接決められていないところは、さすが楢崎といったところです。

一方、得点面が物足りません。最近はゴール裏から応援していても、得点の匂いがしていないのがはっきりと分かりますからね。これは、とりあえず雰囲気であそこたらへんに置いて蹴っとく感じが否めない、キッカーの精度の無さが私は特に問題だと思っています。
いつもキッカーに立候補してる選手は居残りでコツコツ練習してほしいです。

セットプレーでアドバンテージが取れないチームが強くなれる訳がありません。怪我人が戻ってくる残り試合で、得点と失点の開きを少しでも減らせるよう期待しています。
 
 
 
    
posted by れふぐら at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

東員までサテの試合を見にいったが…

0-0で引き分け。10人の相手を崩せずじまい。
冷たい秋雨に濡れる試合は、前日の結果にまさに冷や水をかける内容と結果。
まだまだ上手くならないとダメですね。

・気になったこと
・須藤と片山は技量は高いけど、ああいうピッチコンディションになると、途端にミスばかりになってしまう。松浦さんのブログで柏戦後のスパイク裏のすごい画像を見せてもらって、選手もああいうピッチでやりづらいのは分かる。でも全天候型の競技なのだから、乗り越えていってほしい。
・織部はいい突破を何度も見せていたけど、相変わらずピッチ上でマイペースすぎる気がする。いいクロスでも、相手DFに対してあげていてはどうしようもない。
・巻は兄貴のように3年我慢しないといけないのかなあ…
・どこかで新太にチャンスを与えてやりたい。

あまり語ることのない収穫の少ない試合でした……。

toin0672.jpg
けっこう遠かった競技場

toin0679.jpg
まだまだやることは多い

toin0682.jpg
三重県サッカー協会の認識
 
 
 
   
posted by れふぐら at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

古賀、名古屋に来る。

まずこういうある種、まっとうな因縁を作ってくれた古賀に感謝しています。こういう絆もクラブの歴史を彩っていくものだと思います。
でもしかし、前半で退場するとはねえ…

それでも古賀に対する柏サポの評価はまだ高いようです。
現在の柏サポの人と古賀との関係は、付き合ったばっかりの恋人みたいなもんですからね。相手のことの悪いとこなんてぜんっぜん見えないのでしょう。
それに比べてうちらは長い人で10年でしたからね。いいとこも見えていたけど、だんだん悪いとこばかり見えてきて、やがて憎しみになる。まさに10年目に危機を迎えた夫婦ですね。
私はたかだが03年からの付き合いなんで、古賀に対してはそんなねちっこい気持まではもってませんが、やはりいいとこも悪いとこも知ってるので、彼との対戦は感慨がありました。

「古賀正紘コール」が起きたときは、試合はまだまだ時間が残っててこのチャンスに得点取れ!!!って気持のほうが強かったので、コールはしませんでした。
まあ人それぞれいろんな想いを彼に持ち続けて球技場まで持ってきて楽しんでいるんですから、コールをしてもしなくてもどっちも悪いことじゃないと思います。そういえばスタメン発表でのブーイングも、する人とあえて無視する人でバラバラでしたね。

私としては古賀がフォメに載っている柏レイソルには、全く強さは感じなかったことだけは確かです。なんかポロッとやってくれそうなイメージ、古賀のいるチームのふらふら感を元身内として骨身まで知ってるせいでしょうね…。

ある高校野球の監督が自分の高校生たちに言った言葉「お前ら負かすのなんかすごく簡単。どんなチームでもいいから3ヶ月オレにくれれば、絶対にお前らを負かす自信がある。だってお前ら一番大事なメンタルが弱いから。そんなお前らの弱いとこをつけば、お前らなんて絶対簡単に転ぶよ。」

古賀はグラの弱い部分をたくさん知っているでしょう。でもグラにも古賀の弱さを知っている選手がピッチに11人、ベンチに何人も、そしてスタンドに何千といました。
グラを負かすのが簡単であること以上に、古賀のいるチームを負かすのは簡単である。この勝利はそのなによりの証左でしょう。がっははは…

と思っていたのは、日曜のサテの試合を見るまでという短い時間でしたとさ……
 
 
 
   
posted by れふぐら at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ひどいものを見た

競歩、あんな結末とは…むごいとしか言い様が無い。
posted by れふぐら at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

健闘虚しく…敗戦

後半開始時、榎本とバックスタンド側の副審が2、3言、言葉を交わす。
別れ際、副審に親指を立てたポーズをする榎本。
後半、オフサイド判定の嵐。あーやなもん見ちゃった
posted by れふぐら at 21:08| Comment(1) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

網走キャンプ4日目から

4日目(日):オフ
5日目(月):午前はシュー練・戦術トレ、午後は紅白戦、自転車
6日目(火):朝ジョギングなど、午前は2対2・3対3のミニゲーム、午後はミニゲーム
7日目(水):朝散歩、午前はシュー練・ミニゲーム、午後は筋トレなど
8日目(木):午前は中止、午後は戦術トレ、自転車

・キャンプ地は風が強いみたい
トヨスポもけっこうな強風地帯ですけど、それよりも強いんでしょうか…。

・地獄キャンプ
慶が公式の日記でこのキャンプはセフになってから一番ハードだと言っていたように、3部練習の連続は選手もきついようです。後半戦はガス欠しない試合を見せてくれるでしょうか。

・底上げ
キャンプの公式レポをざっと見てると、ここまで控えだった選手たちの充実ぶりがひしひしと伝わってきます。絶対的レギュラー不在のキャンプでモチベーションが高いようです。いい傾向です。

・グレード
中スポの記事によると新人ユース4人組は同じ4人部屋みたい。しかも控え選手はレギュラー選手のベッドと違い、畳部屋。ホント合宿っぽい。

・シーチケ
そういえば昨日、後期分のシーズンチケットが届いた。直志の跳躍力がすげえええ。

・本田
神戸での五輪合宿に参加するため、昨日キャンプを離脱した本田ですが、どうも暑い愛知に戻ったら体調不良になったらしく、結局五輪代表合宿はキャンセルに。これがセフ・フロントによるアジジ大作戦だといいのですが
 
 
 
   
posted by れふぐら at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

アジアカップ準決勝

日本はサウジに2-3で敗戦。3失点。トータル5試合で7失点は多過ぎなんじゃない?

韓国は0-0でPK戦で敗戦。最後、ジョンウがポストに当てて外して負けました。まあPKなんざ時の運なんでしょうがないです。

土曜の3位決定戦は日韓戦に。ジョンウ、あと1試合頑張れ。
 
 
 
   
posted by れふぐら at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

明日はアジアカップ準決勝

準々決勝では、日本はオーストラリアにPK戦で勝利。交代枠をギリギリまで我慢するオシムが、いつものセフと似てましたね。
なんだかんだ今大会は日本が一番いい内容のサッカーしてると思います。

韓国もイランにPK戦で勝利。5人目のキッカーはなんとジョンウでした。GKを欺くフェイントをあの土壇場で冷静に出来るのが凄いです。やっぱテクニックに絶対の自信があるんですねえ。
試合は湿度が90%を越えるようなコンディションで、消耗戦のような形になってしまいました。ジョンウも奮闘していましたが、決定的な仕事は出来ず。
そういえばイランがPK戦のためにGKを途中で交代させていたのが珍しかったです。

そして明日は準決勝。日本はサウジアラビア、韓国はイラクと対戦します。
グラサポ的には決勝が日韓戦になって、日本が勝てば楢崎オメで、韓国が勝てばジョンウオメと、どっちに転んでも美味しい展開になるのがいいですね。
 
 
 
   
posted by れふぐら at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

網走キャンプ3日目まで

網走キャンプももう3分の1を消化。3日目までの流れと雑感です。

1日目:午前移動。午後は軽めの練習
2日目:朝散歩。午前はインターバル走とシュー練。午後は雨、戦術トレなど
3日目:朝散歩。午前はサッカー教室。午後はTM

ここまでの動向のまとめと感想
・想像以上に寒いらしい。グラモバのコメントでも一様に寒い寒いって言ってる。今後は暑くなるらしいが体調管理は万全に…。

・札幌大とのTMでは長谷川と大森が接触。両者とも脳しんとうを起こして救急車を呼ぶ騒ぎに。
大森はアゴを7針縫う怪我、長谷川は別状無しだったものの、大森はトヨスポ送還かも。
山形の豊田が小腸破裂なんて大怪我を負ったように、サッカーの試合の怪我は交通事故のような危険を伴う。気を付けてどうなるものでもないこともあるが、本当に気を付けてほしい。

・またこのTMで3失点。
マッチレポを見ると1)芝が予想以上に深かった2)強風3)後半に3失点したメンバーはフィジカルトレからそのまますぐに試合に入ったため、体が重かった。といった要因もあっての3失点だった模様。
またオフ明けで試合勘が戻ってないことも考慮すべきでしょうか。
だが、やはり3失点はいただけない。失点の仕方も良くない。キャンプ序盤で課題が浮き彫りになったのできっちり修正を……。

・恵太が練習中の接触で腰を打撲。これでレギュラークラスのFWが全員リタイア。
・一方、津田がTMで試合終了間際に立て続けに2得点。いいアピール。
・ホテルからグラウンドまでは800mあるみたい。ちょっと遠いね。
・グラモバの竹内のコメントを見ると3人部屋のようだ。


あ〜網走行きて〜
 
 
 
スタメンとかちょっと詳しく…
posted by れふぐら at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。