2007年05月03日

J1第9節:大分トリニータ戦

サッカーは感情に支配されることが多い。敵将・シャムスカは今日に向けて自分たちのゲームで基本となる魂、心の部分についてしっかりと練習を積んできたそうだ。シャムスカ得意のメンタルトレのことだろう。
それに比べ、今日のグランパスの感情は薄かった。

決して無い訳ではない。終盤、同点にしようと選手がボールを追う姿には必死さがあった。
だが観衆はどこか冷めている。どこかで早く終わってほしいと感じている雰囲気。ピッチを挟んで広がる乖離。一体感のない夕暮れ時のスタジアム。

ヨーロッパチャンピオンズリーグでチェルシーを破ったリバプールの監督が、試合後にアンフィールドの観衆のおかげだと感謝していたのをふと思い出した。とかく欧州と比べるのは大嫌いな私なのに。
ああどうして陸上トラックを挟むとあんなに遠く感じるのだろう…

結果:グラ 1-2 大分
得点:
グラ:ヨンセン
大分:アウグスト、松橋

スタメン:
ーヨンセンー恵太ーー
ーーーーーーーーーー
ー本田ーーーー俊哉ー
ーージョンウー須藤ー
ーーーー吉村ーーーー
ーーーーーーーーーー
ー増川ー大森ー竹内ー
ーーーー櫛野ーーーー

須藤→阿部
竹内→麻也
増川→慶

寸評:
櫛野:5.5:セットプレーの守備連携に成長が無い
竹内:5.0:いつの間にかピッチからいなくなってた
大森:5.5:攻撃的な姿勢は買うがあまり脅威ではない
増川:5.5:あれを外して自らを苦しくした。軽傷であることを切に願う
吉村:5.0:代わりがいないから使ってもらってるだけ
須藤:5.0:上に同じ。あのふかす蹴り方止めた方がいいよ
ジョンウ:6.0:組織を越えた優れたクオリティを発揮している。もうCKFKも蹴りなよ
俊哉:5.0:アウトサイドをやらせるには無理があり過ぎた
本田:5.0:攻守に存在感なし。ただポジショニングを乱すだけだった
恵太:5.5:スペースに走り込みクロスを上げまくったが運がなかった
ヨンセン:5.5:きっちり1点取った。CKFK蹴ってみますか?

阿部:5.0:まわりが見えておらず余裕の無いプレーに終始した
麻也:5.0:どたどたしたプレーで無駄な時間を浪費させた
慶 :5.5:動き回ったけど実際的な効果無し

セフ:5.0:2人入れ替えが結果的にチームを窒息状態にした


まず最初に、いくらなんでも怪我人が多すぎる。今日また増川が怪我をした。そう楽観できる怪我ではないだろう。
もうセフも日本人の脆さに泣き言のひとつも言いたいはずだ。そこを我慢しているセフは本当にプロフェッショナルな監督だと思う。

ただ、今日のメンバー変更は解せない。なぜ飛車角落ちのメンバーになどしたのだ。セフは一言「チームを強くするため」とだけ言っているが、つまり控えの選手を出してレギュラー層のハイテンポなサッカーにマージンさせ、勝って自信を植えつけることでチームの層を厚くすることを狙ったというわけなのか。

…なぜここでそんな賭けに出たのだろう。
おそらく、ここ最近の怪我人の多さがセフにこんなリスクの大きい賭けをさせてしまったのではないだろうか。
特に今のシステムの肝である中盤5人のどこかに綻びが生じる可能性は大きい。例えば…
・俊哉はベテランでコンディション管理が難しい
・直志は捻挫で調子が上がらないことに加え、カードの累積も怪しい
・本田は五輪予選の兼ね合いによる過密日程
・ジョンウはときどき顔を覗かせるカード癖による出場停止。細かい怪我
・慶は1シーズンフルにこなしたのは去年が初めてでまだ経験不足

といった感じだ。

綻びが生じたとき、誰かが代わりに出なければならない。それならば過密日程を凌ぐ意味と、控え層にチャンスを与えることができるこの試合に、このようなメンバーを組んだのではないか。また大分が不調だったこともセフの打算に入っていたのかもしれない。

だが結果的に賭けは外れてしまった。GWで普段より多く集まった観衆を失望させ、足早に帰路につかせるだけで、控え層の弱さをただ露呈するに過ぎない結果に終わってしまった。

もう現行の3-5-2システムに固執するのは危険な匂いがしてきた現実が頭をもたげる。あくまでレギュラーが100%に近い状態で攻守に機能するような、綱渡り的な感が否めなかった現システムの限界性が見えてしまった。
明らかにシステムに現時点で合致しない、適合できない控え選手が多すぎる。須藤、吉村、阿部、片山etc……
これでは全体のシステムも崩れ、調子の良かった頃のリズムも狂う。
個人的にはまあ我慢だと思う。ホント長いスパンで見なきゃ本当にダメになる。

最近はシステムが選手の個を上回ってしまっている。選手は組織立った動きに固執するあまり、創造性ある個人の能力を忘れてしまっている。
この組織の弊害はセフの組織を重んじるアプローチならいつか来る壁だとは思っていたが、まさかこんな早くくるとは思ってなかった。個人的には初夏あたりと予想してたんだが。
うちはこういう悪い面はすぐ露呈して、いい面はなかなか表れてこない、なかなか困ったクラブですね…。

最後に選手層の薄さ。今のチームの一番の問題点だ。これは3〜6年前の場当たり的な補強が今ツケとなって表れているせいだと思う。
非常に大きなツケだ。何の色も持たない選手ばかりが揃ってしまっている。
だが我々は痛みを受け入れなければならない。
マレクを切るなどとはもってのほかだ。これとそれとは全くの別問題なのだ。そんなことも分からない奴がこのクラブには多過ぎて困る。


そういえば大分はいつの間にかマリーシアに優れるチームになっていた。だが今日の我々はそんなマリーシアにさほど影響されていなかったと思う。ジョンウが安易なスライディングをぐっと我慢して、必死にチェックに走る姿は、悪い光景ではなかった。


一気にぶちまけたんですが、全然試合内容に触れてないですね…。東海テレビの録画放送でも見てから書くかどうか……
 
 
 
   
posted by れふぐら at 23:29| Comment(0) | TrackBack(3) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

名古屋グランパス 1-2 大分トリニータ
Excerpt: ここ2試合0得点9失点の大分を相手に戦った今節。 当然名古屋は3−0ぐらいでサクっと勝利するはず?だったが、 またしてもやさしさ発揮で相手に白星を与える大失態。 またしてもセットプレーからゴール..
Weblog: 前線へ。その先へ。グランパスブログ2006
Tracked: 2007-05-04 11:06

[グランパス]転落の予感
Excerpt: ’07 J1リーグ第9節 名古屋グランパスエイト (1-2) 大分トリニータ 得点:  名)ヨンセン様  大)アウグスト、松橋(弟) (常陸の怪しげな山中にて) ???「オンテクマヤコン、オンテクマ..
Weblog: 魚編に虎と書いて鯱と読む!!
Tracked: 2007-05-04 12:21

ヨンセン、ゴール! でも、負けた……
Excerpt:  ケータイで速報を追っていたのだけど、スタメン発表を見た瞬間に「う〜ん」。  いくら相手が、調子を落としている(らしい)大分といえど、このメンツで勝てるとは思えなかった。申し訳ないけど。(ナベちゃん..
Weblog: エリコラム
Tracked: 2007-05-05 01:10
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。