2014年03月25日

2014 J1 第4節:ヴィッセル神戸戦

2-1の逆転勝利。神戸との相性の良さは変わりません。

一点目の磯村のミドルは素晴らしいですね。
あの蹴り方で強いシュートを打てるのは才能だと思います。

刀根が右SBで出場。守備はよかったです。
しかしTMでの少ない攻撃参加、クロスもほとんど上げられなかったのは
この試合でも同様でした。やはり攻撃と繋ぎの部分はまだまだです。
今後の成長に期待したいです。

松田の勝ち越しゴール。ケネディの繋ぎ、小川のパスも良かったです。
そして松田のPAでの冷静さ。まさにメッシ
意外な器用さから右SHでも試されている松田ですが
やはり良いストライカーです。

クローザーとして起用されている直志。
いい人選ですが、一抹の寂しさもありますね…。

最後にベンチ外だった永井。
残念ですが、昨季からの公式戦・TM、そして今季のTMを見る限り
西野監督の選択は、当然のことだと思います。
得点しないFWなんて、いくら足が速かろうが怖くないんです。
皆が思い描く理想の永井と、今の現実の永井はあまりにかけ離れています。
posted by れふぐら at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393124451

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。