2013年08月19日

2013 TM:名古屋U-18戦

久々の更新。トップチームが言うことなしの好調さなのでサボってました。
しかし昨日のセカンドチームのTMを観て、悪い意味で更新する気になりました。

結果は3-4の敗戦。35分ハーフで前半は3-1、後半は0-3でした。

スタメン:(→)は後半の選手変更
GK:義成(→西村)
DF:ビツ、牟田、本多、佐藤
MF:田鍋、ダニエル(→テルキ)、磯村、ヤキ
FW:永井(→チアゴ)、テルキ(→高原)

得点者は、テルキがビツとヤキのクロスに頭と右足で合わせて2得点。
田鍋がビツのクロスからヘディングで決めて1得点。
アシストは、ビツがクロスからの2つ、ヤキも左から1つ決めました。

失点はCKから決められたり、カウンターだったり、本多のミスだったり、
ゆるゆるの守備からミドル打たれたりとバリエーション豊かなやられ方。

本多は夏バテしてます。素人でも分かるくらいコンディション不良です。
今はとても戦力としては計算できません。

田鍋はイライラをボールと味方にぶつけて、チームの雰囲気を壊していました。
永井の復帰で自身のチャンスが少ないことを自覚し、様々なことを思い悩んでいるのだと思います。
彼はミスターからかなり期待されてますし、期待に応えるポテンシャルも持っています。
今が一番苦しい時期だと思うので、乗り越えて欲しいです。

この試合を見て、ベンチに置いておいて使えそうなのはダニエル、ビツ、永井だけです。
これに義成、泰士、キショーで6人。
残り一枠は経費がもったいないので、削っていいんじゃないでしょうか。

プロがユースに負ける。もっと重く受け止めてほしい。
posted by れふぐら at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。