2013年05月23日

2013 ナビスコ杯予選:新潟アルビレックス戦

2-1の勝利。

本当にとりあえず勝ちました。
評価したい勝利ですが、先行きは正直、不安です。

セレッソ戦が終わればリーグ中断に入り、古川でキャンプになります。
現体制は維持されるでしょうし、補強も無いことを考えると
おそらく今の状況が劇的に改善する可能性は低いと思います。

チームのベストメンバーで、同じ下位に沈む新潟に対して
不安定な戦いぶりをしている現状では、今後も厳しい戦いが待っているのでしょう。


昨日の試合では、トップチームをそのまま起用しました。
交代もダニルソン・小川・ケネディの温存と
泰士・ヤキ・テルキのテスト的な意味合いが強いものでした。

若手の起用や控え選手の出番が少なかったですが
最近のTMで彼らに目を見張るようなプレーもありませんでしたし
また1ヶ月もチームに勝利がなく、周囲の目がことさら厳しい状況で
いきなりチャンスをあげて、すぐ結果を出せというのも酷です。

トップチームの尻拭いはトップチームでという昨日の試合は
トップチームの不調の煽りを若手や控えが食らったような形ですが
見方を変えれば、そんな不調続きのレギュラー陣から出番も奪えない
控え選手の不甲斐なさにも一因があります。

なんでもかんでも若手登用、控え起用というのはあまりにも楽天的に思います。
posted by れふぐら at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

新潟戦前夜

明日はナビスコ予選の新潟戦。
もはやナビスコ杯自体の可能性は終わってしまいましたが
明日は是が非でも勝ちが欲しい試合です。

TMで試したボランチ・ダニエルを早速、起用するようです。
ダニエルとダニルソンのダニダニコンビは
トヨスポに何度か行ってみると、ピッチ外でも仲良く2人で
つるんでいるのをよく見かけますので、連携面はそこそこやれると思います。

ミスターの前日コメントを読むと、明日は今までの
トップチームのメンバーがスタメンのようです。
若手や出場機会の少ない選手の出番は期待薄ですが
私も今回のミスターのコメントと判断は、全てその通りだと思います。

今のトップチームは、この苦境を乗り越えられるチームです。
posted by れふぐら at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013 TM:名古屋グランパスU-18戦

結果は5-2。
前半のスタメンは
GK:義成
DF:石櫃、ダニエル、牟田、佐藤
MF:直志、磯村、テルキ
FW:田鍋、チアゴ、ヤキ

直志、磯村のダブルボランチで
テルキがそこそこ中盤まで下がってきたりしてたので4-3-3という形。
ただテルキが最前線まで上がっている4-2-4だった時間帯も非常に多かったです。

牟田がヤキのCKからヘディングでゴール。後半にも全く同じ形で2得点。しかし2失点は課題。

田鍋が1得点。しかし失点の起点になるミスなど、悪いプレーが目立ちました。
後半が始まる前には、ミスターから直々に個人で指示を貰ったりしていて
かなり期待されている雰囲気が伝わって来ましたが、正直まだまだです。
(ミスターがTMで自ら個人に指示を出すのはかなり珍しいです。というか初めて見ました)

テルキが2得点。どちらもヤキのパスで決まったような2得点でしたが
テルキの動き自体も良かったです。

なにげにヤキが4アシスト。そんな良かった印象は正直無かったんですけど
得点にこれだけ絡んでいるのは評価できますね。

後半は直志が下がり、ダニエルがボランチ、ニッキがCBへ。
中スポの記事にもありましたが、ダニエルがボランチで45分プレー。

試合前のアップからリカバリートレの終わったダニルソンと
やたらと話し合っていたのは、ボランチの打ち合わせだったようです。

CBでは、よくボールホルダーを深追いするダニエルですが
このTMでは、それほど激しくプレッシャーを掛けることは少なく
むしろディレイ気味の守備が多かったのが意外でした。
中盤でのパス捌きはなかなかスムーズでしたが、ユース相手ですから
なかなか手放しの評価は難しいところです。
posted by れふぐら at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

2013 J1 第12節:鹿島アントラーズ戦

1-3。逆転負け。弱いチームの負け方です。

今季12試合を終えて勝ち点12。
3勝3分6敗。
14位。
勝てたクラブは甲府、新潟、湘南。

一般的なJ1残留の指標といわれる試合数=勝ち点のペースで
同じ下位グループのクラブからしか勝利できていません。

さらに幸先良く先制しても全然勝てていません。
9試合で先制して3勝3分3敗。

同じ下位グループのチームには勝ちきれていますが
上位、中位のチームには先制しても全て同点、逆転されています。
当然、自分たちが逆転した試合はありません。
内容もですが、数字を見てもチームが確実に弱体化してるのが分かります。

昨日の試合でも大迫から全くボールを奪えないCB
2列目の選手についていけないボランチ
全くプレッシャーを感じないプレスのアタッカー陣……
チームとしての守備がバラバラで為す術がありませんでした。

それでもゴール裏はブーイングしませんでした。
私も小川の頑張りだけは良かったので我慢しました。
しかし限界はかなり近いです。

中断までの新潟戦、C大阪戦。
心肺機能の限界までプレーしてください。
posted by れふぐら at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

2013 J1 第11節:横浜F・マリノス戦

1-2の敗戦。悔しい負けです。

選手はいつもよりも走ってましたし、球際もハードに競っていました。
豊スタの雰囲気もホームスタジアムとして、いつも以上に良かったと思います。

玉田のPKは普段なら取られないような接触プレーでしたが
あのようなホームの雰囲気がPKというジャッジを後押ししたのかなと
ゴール裏で観ていた自分には感じました。

そしてケネディと話し合った玉田が蹴って止められた訳ですが
あれは止めた榎本が素晴らしかったですね。
あのプレッシャーの中、玉田はいいシュートを蹴ったと思います。

しかし結果が出ていないのは事実です。
内容が良かろうが、惜しいシュートをどれだけ打とうが
勝てなければ、全て弱いチームの言い分に過ぎません。

中断するまでに少しでもチームを好転させるため
鹿島戦はなんとしても勝ちたいところです。
posted by れふぐら at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

2013 J1 第10節:ベガルタ仙台戦

0-2の完敗。
久々にホームで大きなブーイングとなりました。

淳吾が怪我明けにしては調子良さそうなのと
ナラさんのパフォーマンスが変わらず良いことを除けば
あとは全て最低最悪のチーム状態。

選手も混乱しているようなプレーを続けていますが
ミスターはこれからどんな指針を出すんでしょうか。
これ以上、選手を路頭に迷わすのは監督の罪です。

幸いにしてすぐに豊スタでマリノス戦。
これ以上の失墜は許されません。
posted by れふぐら at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

2013 J2 第12節:モンテディオ山形戦

1-3の敗戦。

朝日が怪我で交代。
安間監督が朝日に頼りすぎたツケがもう来ました。
そもそも最近の朝日のパフォーマンスが
開幕時に比べて徐々に落ちてきていたのは
悪い兆候だったと思います。

カターレを体現するベテランを、どこかで勇気を持って
ターンオーバーすべきだったのかもしれません。
しかし過ぎたことです。

やっているサッカーは良いものを見せているので
大黒柱が欠けようとも、あまりブレずに継続していってほしいです。
posted by れふぐら at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カターレ富山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013 J1 第9節:川崎フロンターレ戦

1-2の敗戦。淳吾の素晴らしい右足ミドルも結果出ず。

スカパーで解説していた中西哲生も言及してましたし
今日の中スポの記事にもありましたが
「しっかりボールを止めて、ボールを正確に蹴る」
という基本が疎かになってる選手が多くなってます。

日常のトレーニングから選手がどれだけ意識付けできているか
監督コーチが意識させるトレーニングをやらせているか、少し気になります。

また、ミスターが試合後に言っているように
内容はそこまで悲観するようなものではないですし
ケネディが引きずり倒されたのはPKでしょうし
アンラッキーな側面も確かにありました。

しかし「運」や「ジャッジ」に左右されない本当の強さがなければ
優勝は難しいとも思います。
次の仙台戦、勝ち点3が必要です。
posted by れふぐら at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。