2013年03月31日

2013 J1 第4節:湘南ベルマーレ戦

玉田、小川で2-0の勝利。

前半は上手くゲームコントロールして玉田が先制。
ヤキ→泰士→玉田の縦の速攻は見事でした。
後半はバタつきましたが、小川が突き放すゴール。

相変わらずダニルソンが湘南の選手をフィジカルで圧倒。
流し気味の高山主審のジャッジもよかったです。
湘南は本当に頑張るチームですし、前を向いた時の勢いは
迫力がありましたが、やはり粗が目立ちました。

トゥーさんが4バックのCBとしては、少しスピードが
物足りないなあと思うことが何度かありました。
フィードもいつもの精度ではなかったので
怪我のことも考えると、まだまだ本調子とはいきませんね。

矢野は、相手SBとミスマッチの形で競らせればほぼ勝てますね。
タッチライン際のプレーも上手いので、これで右固定でしょうか。
田鍋は少し厳しくなったかもしれません。
それとサッカーキングで、玉田と淳吾が開幕戦での
矢野の全力スプリントの回数を賞賛していましたが
この試合の終盤でも、自陣での守備に戻るために
全力でスプリントしていたのは凄かったです。

あと左で出ていたテルキは、ボールもあまり回ってきませんし
ミスも目立ちました。今のチームでは実績の少ない選手は
少ないチャンスで信頼を勝ち得ないといけないので
テルキのパフォーマンスは残念でした。

本多は数試合経ちましたが、アグレッシブさを失いませんね。
それと彼のスローインなんですが、スピード、コントロールがあり
判断も早いなど、完全に阿部より上手いですね。
サイドの展開が多いグランパスでは、スローインの技術はバカに出来ません。
こういう点もレギュラー取りには高評価でしょう。

また、本多はかなり背筋の強さを感じる投げ方をしてます。
もともとフィジカルが強いという選手評でしたが
あれはロングスローの練習をすれば、モノになるんじゃないかなと思います。
posted by れふぐら at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

湘南戦前夜

小川、ダニエルが復帰と主力が戻りつつある中での湘南戦。
ただ鳥栖戦のいい流れをそのまま継続すべきだとは思います。

ミスターも矢野、ヤキの特性を把握できつつあるとコメントしているので
基本的には鳥栖戦の戦い方がベースになるでしょうね。

湘南といえば2010/11/20の平塚。あれ以来の試合になります。
ベルマーレのサポーター、運営の素晴らしい振る舞いは今も忘れられません。
全てが一生、色褪せない思い出です。ですが試合は別です。

さて、金曜にシート貼りに行ってきましたが
山崎川の桜は今が一番いい感じでした。
グランパスの勝利でいい気分で花見がしたいですね。
posted by れふぐら at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

Foot! 「巻佑樹、その先へ。」

先日のFootでスカウトになった巻の特集をやっていました。
そのタイトルが巻在籍時のクラブスローガンに似ていたのは
なにかの偶然なんでしょうか。

内容としてはサッカーキング〜名古屋再興〜の巻の記事とほぼ同じでした。

フロントからも期待されているようですし
ナラさんやトゥーさんというスーパーな後ろ盾もあるので
現役時のようにがむしゃらにやってくれるでしょう。

スカウトはとにかく足を使う職業なので
若くして転身した巻には本当に成功して欲しいです。
posted by れふぐら at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

2013 J2 第5節:京都サンガ戦

ヨンドクのゴールで1-0の勝利。

といってもヨンドクはこのゴールまでは酷いパフォーマンスでした。
やはり入れ込んでたのが隠せませんでしたね。

それにしても朝日はすごい。
ハードワーク、フリーランニング、テクニックと
まさに大黒柱の働き。素晴らしいです。
posted by れふぐら at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | カターレ富山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

2013 ナビスコ予選:鳥栖戦

ヤキ、矢野の新加入コンビのゴールで勝利。

ヤキと矢野はポジションの適性も徐々にはっきりしてきて
本多もいいプレーを続けるなど、今後の収穫が多い試合でした。

そんな中でのMOMはダニルソン。
フィジカル自慢の鳥栖の選手をフィジカルで圧倒したのは
試合を優位に進める上で大きな要因でした。

この調子をいかに持続できるかが鍵ですね。

TM刈谷戦は0-1で敗戦。プロは結果が全て。
TMといえども、なによりもまず勝ちにいくべき。
今のままでは瑞穂もトヨスタのピッチも遥か遠くです。
posted by れふぐら at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月22日

鳥栖戦前夜

淳吾がハムストリング筋を痛めて一ヶ月の離脱。
トゥーさんもふくらはぎ痛でチームに帯同せず。
ダニエルと小川も未だに復帰は怪しい状態。

さっそく主力に怪我人続出。どれも筋肉系の故障です。
まだシーズン始まって1ヶ月も経っていないのに
この有様では先が思いやられます。

しかし翻せば若手にとっては大きなチャンス。
こんなチャンスは滅多にありません。

今年のナビスコのニューヒーロー賞は
グラの選手が選ばれるくらいの活躍をしてほしいですね。
posted by れふぐら at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

2013 J2 第4節:Vファーレン長崎戦

0-1で敗戦。

愛媛戦からターンオーバーでメンバーを入れ替えて
怪我明けの御厨などを起用しましたが
この采配がこれ以上無いくらい完璧に裏目に出ました。

まあ今のチーム力、選手層ではしょうがありません。
安間さんも悩んだ上での決断だったでしょうし。

切り替えてホームで勝つ。連敗はしない。
posted by れふぐら at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カターレ富山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013 ナビスコ杯予選:C大阪戦

1-1で引き分け。玉田と持ってる本多のゴールでした。

実は試合のほうを見ておりません…
テルキ、磯村がスタメンでなかなか頑張っていたみたいですね。

中2日での土曜・アウェイ鳥栖戦はまたターンオーバーで
メンバーを変えてくるかもしれません。

さらなる若い力を試すのか?安泰だった中堅ベテラン組を奮起させるか?
良い競争が生まれると楽しい想像も膨らみます。

ミスターにはこの2つをこのまま上手く融合させて
ベストのチームにしてほしいですね。
posted by れふぐら at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

ナビスコ杯 C大阪戦前夜

早いもので明日はもうナビスコ開幕。
久々の予選リーグです。

どうやら小川が軽い怪我で出場できないようです。
トゥーさんも無理はさせないでしょう。
グラモバを見ると増川とダニルソンはいけるみたいです。

個人的には本多はもちろんのこと、田鍋もスタメンで
チャンスを与えるのかなと予想しています。

甲府戦から状況が劇的に変化していることはないと思います。
矢野、ヤキの新戦力コンビの奮起に期待したいです。


あとグランパスTVが終了するそうです…。
正直、日曜深夜1時の放送でここまでよくやってきたなと思います。
あんな時間帯にテレビ視聴する人なんてそもそも多いはずありません。
今後は日中の帯番組でグランパス情報をやるみたいですが
賭けてもいいです。まあ、やらないでしょう。

今後はいかにGOGOグランパスを放送している
NHK名古屋と関係を強化していくかでしょうね。
いっそグランパスのローカル情報はNHK名古屋に一元化してしまって
情報量を増やしてもらったほうがマシだと思います。

この番組終了は、クラブの情報発信の在り方が問われるいい機会だと思います。
今のままではさらに人々から忘れられたクラブになってしまいますから。
posted by れふぐら at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

2013 J2 第3節:愛媛FC戦

ホーム開幕戦で見事なクリーンシート。

前半終了時で両チーム合わせてシュートがFK1本という鍔迫り合いから
後半に朝日がCKのこぼれ球を詰めて先制。

愛媛の反撃もありましたが、効果的なカウンターを仕掛け続けるなど
終始、富山ペースの試合でした。

今季は中盤の完成度が高いので、マイボールもしっかり繋ぐことが出来
不用意なボールロストが減って、守備の時間もかなり減っていますね。

あとは解説の濱野も言及していましたが
今日はカウンターの迫力が非常にありました。
ゾーン守備の自陣CKから5,6人が一気に駆け上がる様は圧巻でした。

最後に愛媛に移籍した吉村ですが、これで3試合連続フル出場。
中盤の底で献身的なプレーぶり。さすがでした。
posted by れふぐら at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | カターレ富山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月17日

2013 J1 第3節:ヴァンフォーレ甲府戦

ナラさんが抑えて相手のミスで得点して勝ち点3。

いつも通りの勝ちパターンといえば聞こえはいいですが
勝っても反省しかないですね。

難しい局面をなんとかしちゃう個の力がトゥーさん以外にも
どっしり後ろにいるのをうっかり忘れていました。

名波がよく「闘莉王は勝ち点10持ってる選手」といいますが
その論法だとナラさんは勝ち点15は持ってるんじゃないでしょうか。

それにしても本多があれだけプレーできるとは思いませんでした。
あの寄せのアプローチの速さは今のグラには無かったものですね。
ヘディングも強く安定していました。

おそらくナビスコでもチャンスを貰えると思うので
このまま自分の持ち味を出して欲しいですね。
posted by れふぐら at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

甲府戦前夜

トゥーさんがまたFW、ダニルソン出場微妙、本多が遠征メンバー濃厚な甲府戦。

ミスターが前日コメントで、システムがサッカーをするのではなく
プレーするのは選手だと言ってましたが、その通りだと思います。
システムや戦術は、あくまでも選手が自らのポテンシャルを
最大限に発揮させるためにあるものですからね。

ただそのシステムが機能していないと
難しい局面でも個人のポテンシャルに頼らざるを得ず
スピーディな現在のJ1リーグではそうそう簡単には上手くいきません。
そんな難しい局面を個人で打開できてしまう選手は、リーグでもそれほど多くありませんが
現在のグランパスでは「闘莉王」だけがそれだけのレベルにあります。

ミスターが最も勝利とゴールに近い形を考えて
トゥーさんを相手ゴールの近くで使いたくなるのもよく分かります。
ヤキという優秀なクロッサーが加わったのも大きいかもしれません。

なりふり構わず今のグランパスのベストを尽くして欲しいです。
posted by れふぐら at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

青空会談

グラモバの練習レポによると今日の練習後に
ミスター、ナラさん、トゥーさんでいろいろ話し合ったみたいですね。

こういった場を設けるのは、現状の問題がクリアになるしいいことです。
出来れば選手会長の小川含め、前線の選手もいればよかったのですが。

今はとにかく結果が欲しいので、手っ取り早くセットプレーのバリエーションでも
ひとつふたつ増やして、平均身長180オーバーの選手たちで飛び込ませれば
なんとかなるんじゃないかなと思う今日この頃です。
posted by れふぐら at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

2013 J2 第2節:水戸ホーリーホック戦

0-1で敗戦。
ただ悲観的な負けではありませんでした。
後半の攻めは見ていて非常に期待感を持てました。
ってか面白いサッカーしてます。
一昨年、去年からの積み重ねがようやく実ってきた感じです。
このままやっていけば結果も出てくるでしょう。怪我人さえでなければ…
posted by れふぐら at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | カターレ富山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TM:奈良クラブ戦

GK:義成
DF:磯村、牟田、ニッキ、佐藤
MF:泰士、玉田、水野
FW:田鍋、高原、テルキ

後半に西村、望月、マルコ、チアゴが出場し、チアゴの2得点で2-1で勝利。
先週の磐田とのTMでは何もさせてもらえなかったチアゴが今日は2得点。
1点目は右からのクロスを胸トラップしてすぐさまの右足シュート
2点目は佐藤のロングパスを受け、相手GKが体勢を崩しているのを見て
落ち着いてゴールマウスに蹴りこんだゴール。
チアゴは荒削りな点取り屋ですね。ゴール前でも案外冷静さを持ってます。

再三、右サイドを突破していた田鍋はそろそろ長い時間を与えてもいいかもしれません。

今のチームの一番の問題点はストライカーがいないことです。
いないなりのチームでの得点の取り方をもっと真摯に突き詰めないと
甲府戦もジリ貧で終わってしまうでしょう。

またミスターがどう選手とシステムを変えてくるか楽しみです。
posted by れふぐら at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | グランパス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。